自由の女神 クラウンへ登る。

皆様、ご存じかと思いますが

自由の女神、頭のカンムリの部分

登れます。

登ってみたい方は
事前に予約してチケットを購入しておくと
良いです。


私は、、登ってみたいわけではなかったですが息子のリクエストともなれば

ここは一丁  老体にムチを打って
登ってやろうではないか!

と親心を奮い立たせ、、、


台座の部分まではエレベーターがあるので
余裕でしたが。

そこから
自由の女神本体の内部は

階段。

え、、?


これどこまで続くん、、?


狭い階段をサクサク登る息子氏。


私も負けじと登り始めて
数分後には


後悔、、、


いや、後悔っていうか


限界。



足が根元から取れそうでした。
両脚とも。

いやーキツかった。


なので
これから行く方で足腰に不安がある方

あまりオススメではありません。


とはいえ、息子に引っ張ってもらいながら
なんとか登って

(親心というか、子供心に感謝(T ^ T)ありがとう)

クラウン部分の内部からの景色。
、、、。


台座までで良かったんちゃう??


っていう親子共通の心の声。


いやしかし

レアな?部分も見れましたよ。

↑自由の女神の腕
↑自由の女神の肩

↑自由の女神の肘の内側。

レアな角度から見れましたよ。


内部では

係のおじさんが説明してくれてました。

ということで、、

またこの階段を降りて
戻っていくわけです。

下りは楽でしたが

このあと足がガクガクになりましたヽ(;▽;)ノ


-Viviean Rosso-   大﨑 ゆり

高知の美容室 RT HAIR CREATION Viviean Rosso クリエイティブディレクター大﨑 ゆりブログ

0コメント

  • 1000 / 1000